くらし

更新日:2018年09月27日

はくいってどんなところ?

石川県の中央部となる能登半島の基部に位置し、能登半島への玄関口と呼ばれる羽咋市(はくいし)

日本で初めて世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」が広がり、豊かな田園風景、風情漂う神社仏閣、心がいやされ車も走ることができる砂浜など、魅力があふれる田舎です。

また、石川県の中心都市金沢市へも車で約40分と近く、ほどよい田舎を実感できます。

千里浜なぎさドライブウェイ

祭りの風景

市鳥 白鳥

羽咋市の支援制度

住まい

空家リフォーム再生事業


空家の取得・リフォーム・家財道具処分・除却費用の一部を助成します。羽咋市内にある住宅で、1年以上居住やその他の用途に使用されていない空き家が対象です。

◆購入助成
転入者:取得費の1/3以内で50万円限度
市内在住者:取得費の1/3以内で20万円限度

 【加算助成金】

若者世帯:一律10万円 世帯主が申請日において35歳以下
女性応援:一律10万円 世帯主が女性
居住誘導区域:一律30万円 立地適正化計画に基づく区域内

◆リフォーム助成
市内業者利用:工事費の1/3以内で50万円限度
市外業者利用:工事費の1/3以内で20万円限度

【加算助成金】

若者世帯:一律10万円 世帯主が申請日において35歳以下
女性応援:一律10万円 世帯主が女性
居住誘導区域:一律30万円 立地適正化計画に基づく区域内

※上記の加算助成金は購入又はリフォームのいずれかに加算されます。
※空家は昭和56年6月1日以降に着工されたもの(昭和56年5月31日以前に着工された建築物で耐震性を満たした建築物を含む。)

https://www.city.hakui.lg.jp/sumai_kankyou_anzen/sumai/4/10880.html

 

住まいづくり奨励金交付事業


新築住宅の取得に対してに一律10万円の奨励金を交付します。また、子育て世帯30万円、三世代同居世帯30万円、市内業者利用20万円(市内に事務所がある住宅建設関連事業者)、若者世帯30万円(申請日において35歳以下で住宅の名義人となる方)、女性応援30万円(女性で単独名義人となる方)、転入者50万円(転入後2年以内の方で住宅の名義人となる方)、居住誘導区域:30万円(立地適正化計画で定める居住誘導区域)を加算します。〈最大230万円〉

 

夕日ヶ丘分譲地を購入しまちづくり協定を締結された方(上記との併用は不可)
【基本奨励金額】
住宅取得費の25%(限度額250万円)
【加算奨励金額】
転入者(市内業者施工):住宅取得費の2%(限度額40万円)
転入者(市外業者施工):住宅取得費の1%(限度額20万円)
市内在住者:10万円
子育て世帯:10万円(子がいる世帯)

※再転入の方は、再転入以前に他市町に継続して2年を超えて住所を定めた方
※助成金は20万円までは地域商品券で支給し、残りは現金支給します。

https://www.city.hakui.lg.jp/sumai_kankyou_anzen/sumai/4/10868.html

 

子育て・新婚・空き家入居世帯家賃通勤費補助事業


市外から羽咋市へ転入し、民間賃貸住宅に入居される子育て中の世帯・新婚世帯・働く女性世帯、羽咋市空き家情報バンクを利用し入居される世帯に家賃補助します。

【子育て世帯・新婚世帯・働く女性世帯】 1世帯当り月額1万円の地域商品券を2年間支給
【空き家入居世帯】 1世帯当り月額1万円の地域商品券を2年間支給
【通勤加算】 1世帯当り月額3千円の地域商品券を2年間支給
※上記対象者で羽咋市外にお勤めの世帯に加算支給

https://www.city.hakui.lg.jp/sumai_kankyou_anzen/sumai/4/7002.html

 

 

子育て

子育て応援事業


・子どもが生まれた世帯に対し、第1子10万円、第2子20万円、第3子30万円、第4子40万円、第5子50万円を支給し、子育て世帯に手厚い経済的支援を行います。

・小学校新1年生に入学祝金3万円を支給する。

https://www.city.hakui.lg.jp/shiseijouhou/machidukuri/2/6647.html

 

保育料負担軽減・無料


羽咋市では、要件(※1)を満たせば第1子からの保育料が無料です。要件を満たさない場合も、お子さんが2人以上いる家庭で、第2子保育料が半額、第3子保育料が無料となります。

※1 年収360万円未満相当世帯、ひとり親世帯など

■子ども医療費の助成

■はくい子育てサロン

■ファミリーサポートセンター

■保育所等

■放課後児童クラブ

 

教育

学校写真

全国トップクラスの教育水準


羽咋市がある石川県は全国学力テストにおいて全国トップクラスの水準です。その中でも羽咋市の学力は石川県内の上位に位置し、全国平均を大きく上回っています。

今後は、英語教育の推進とともに、GIGAスクール構想の実現に向け、ICTを効果的に活用したデジタル教育を推進し、新たな授業スタイル「羽咋方式」を完成させます。そして、子どもたちが個性と能力を発揮し、次代を切り拓くための教育を実践していきます。

 

羽咋市英語検定料奨励費支給制度


羽咋市内の小中学校へ通学する児童生徒に、実用英語技能検定(英検)検定料の1/2を支給いたします。

【支給要件】

(1)中学生

英検(5級以上)検定料の1/2を年に2回分支給。(合否に関わらず支給)

※複数回受けた場合、上位級の検定料の2回分を対象とする。

(2)小学生

英検(5級以上)及び英検Jr.(シルバー、ゴールド)検定料の1/2を年に1回分支給。(合否に関わらず支給)

※複数回受けた場合、最上位級の検定料の1回分を対象とする。

https://www.city.hakui.lg.jp/kyouiku_bunka_sports/kyouiku_gakkou/4/4295.html

 

■羽咋市内の小中学校高等学校

■宇宙科学博物館コスモアイル羽咋

■市立図書館

 

医療

医療機関の数


病院・・・1

診療所・・・17

歯科・・・15

小児科・・・2

 

介護施設等の数


特別養護老人ホーム・・・2

介護老人保健施設・・・1

老人デイサービス・・・12

 

高齢者向け住宅


サービス付き高齢者向け住宅・・・2

有料老人ホーム・・・3

 

■休日当番医制度

■地域包括ケア推進室

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政課羽咋創生推進係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-7192 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら