タカによるカラスの追い払いを行っています

更新日:2021年11月12日

羽咋神社周辺で行っています

平成30年2月から、カラスなどの害鳥対策として、羽咋神社周辺で天敵の猛きん類(タカなど)による追い払いを実施しています。

業務内容は、カラスが「ねぐら」としている神社境内や、その「ねぐら」周辺で、鷹匠がタカを連れて歩きながら、要所要所でタカを放ち、カラスに危険性を認識させて追い払うというものです。

なお、この業務は経験を積んだ鷹匠が害鳥対策のために調教したタカを使って行います。

市民の皆さまに危険を及ぼすことはありませんので、タカを連れた鷹匠を見かけた時は、交通の妨げになるようなことなどはせず、温かく見守っていただけますよう、よろしくお願いします。
 

【スケジュール(令和3年11月分)】
11月15日、19日、26日、29日 計4回(効果を考慮して、時期により回数は増減します。)

【放鷹時間】
17時ごろ~約2時間

【放鷹数】1羽

【放鷹場所】
羽咋神社周辺
(川原町、旭町、的場町、本町、中央町、南中央町、島出町など)

【その他】
タカは犬を嫌うため、放鷹時は周辺での犬の散歩はお控えください。
天候等の都合により日程を変更する場合があります。

 

鷹匠の吉田さんと相棒のイシカワくん(サブロウくんは長期休養中)

鷹匠の吉田さんと相棒のイシカワくん(サブロウくんは長期休養中)

羽咋神社上空を舞うカラスやサギ

羽咋神社上空を飛ぶカラスやサギ

この記事に関するお問い合わせ先

環境安全課環境資源係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-7137 ファクス:0767-22-0240

メールでのお問合わせはこちら