弥生人講座

更新日:2021年04月09日

弥生時代の人々の暮らしを体験してみませんか

弥生時代の人々が着ていた貫頭衣(かんとうい)を身につけました

弥生時代の人々が着ていた貫頭衣(かんとうい)を身につけました

火おこしに挑戦!はじめはなかなかつきません

火おこしに挑戦!はじめはなかなかつきません

見本を見ながら弥生式の土器を作ります

見本を見ながら弥生式の土器を作ります

弥生人講座とは国指定史跡である吉崎・次場遺跡を整備した、吉崎・次場弥生公園を中心に、火おこしをしたり土器をつくったりして、弥生時代の人々の暮らしを体験しようというものです。

施設の見学・体験メニューを希望される場合は、希望する利用日時・人数・メニュ―の組み合わせを羽咋市歴史民俗資料館までご相談ください。
参加者が多い場合は出前講座もいたします。

なお、ご相談やお申し込みは利用希望日の1週間前までにお願いします。
祝日ならびに年末年始はご利用いただけません。 そのほか、ご希望に添えない場合がございます。

弥生人講座メニュー

施設の見学(随時開催・要予約)

施設の見学

見学場所 主な内容と要点ガイド 所要時間 人数
吉崎・次場弥生公園 公園を歩きながら、能登の弥生文化を体感します。 30分 5~40人
歴史民俗資料館 展示資料を見ながら、いろいろな時代の生活ぶりを学びます。 30分 5~40人

※ 弥生人講座の各体験メニューと組み合わせれば、より効果的です。内容についてはご相談に応じます。

弥生人講座(随時開講・要予約)

弥生人講座

体験名 主な内容と要点ガイド 所要時間 難易度 人数
実物の土器をみる 吉崎・次場遺跡から出土した土器の実物をみたり、さわったりします。 15分 かんたん 5~40人
弥生ファッション体験 貫頭衣やまが玉を身につけて、弥生人になりきってみましょう。 15分 かんたん 5~20人
火おこし体験 遺跡から見つかった弥生時代の火おこし道具を復元しました。この道具を使って何分で火がおこせるでしょう? 45分 むずかしい 20人前後
まが玉づくり 弥生のアクセサリー「まが玉」は北陸の特産品。「と石」を使って、実際に作ってみましょう。 90分 むずかしい 20人前後

弥生人講座・芸術編(開催日限定)

弥生人講座・芸術編
体験名 主な内容と要点ガイド 所要時間 難易度 人数
弥生土器づくり 弥生土器をサンプルに、当時の作り方による本物志向の土器をつくります。(資料館研修室) 半日 ふつう 5~20人
土器の野焼き 土器づくりで作った土器を野焼きします。(弥生公園) 半日 ふつう 5~20人
古代米試食 土器で古代米を炊き、試食を行います。(資料館) 半日 ふつう 20人

ご案内

開催日時:相談の上、決定
料金:無料

地図

関連リンク

関連書類

この記事に関するお問い合わせ先

羽咋市歴史民俗資料館

〒925-0027
石川県羽咋市鶴多町鶴多田38番地1 
電話:0767-22-5998 ファクス:0767-22-4468

メールでのお問合わせはこちら