新型コロナワクチン接種について~必ず予約が必要です~

更新日:2021年10月15日

羽咋市専用予約サイト

新型コロナワクチン接種の予約

 

WEBで予約を行う場合は、

←こちらのバナーをクリックしてください

 

予約受付について(令和3年10月15日更新)

1回目の予約受付は完了しました。

10月30日(日曜日)まで下記のいしかわ県民ワクチン接種センターで接種ができます。接種を希望される方は、そちらでの接種をご検討ください。

11月以降のワクチン接種については、以下のとおりです。

接種会場・日程
接種会場 接種日程 受付時間 予約受付開始日時
公立羽咋病院

1回目 11月 4日(木曜日)

2回目 11月25日(木曜日)

14:00、14:30

14:00、14:30

10月20日(水曜日)

8:30~

1回目 12月 2日(木曜日)

2回目 12月23日(木曜日)

14:00、14:30

14:00、14:30

11月 5日(金曜日)

8:30~

 

いしかわ県民ワクチン接種センターについて(令和3年10月6日更新)

いしかわ県民ワクチン接種センターの予約枠縮小と1回目接種の終了について

令和3年10月17日(日曜日)接種分から予約枠を縮小します。

また、1回目の接種については、10月30日(土曜日)をもって終了します。

接種を希望する方は、県公式LINEを「友だち」に追加し、LINEの下部メインメニューから特設サイトにアクセスしてご予約ください。

なお、金沢駅西口から会場への無料シャトルバスも運行しています。詳細は県ホームページでご確認ください。

使用するワクチンはモデルナ社製ワクチンです。

ワクチン接種の予約について

新型コロナウイルスワクチン接種の予約は、電話(羽咋市コールセンター:0120-984-903)又はWEBからの受付となります。

予約にお困りの方は、以下のとおり予約代行を行いますのでご相談ください。

【予約代行】

場所:羽咋すこやかセンター1階 羽咋市鶴多町亀田17番地

日時:平日 午前 9:00~11:30、午後 13:30~16:00

※接種券番号がないと予約はできませんので、必ず接種券をご持参ください。

 

予約受付開始時は、コールセンターがつながりにくくなります。可能な方は、WEBで予約されることをお勧めします。

時期によっては予約がとりにくいことがありますが、接種希望者全員分のワクチンが配送される予定であり、必ず接種できるので慌てないでお待ちください。

予約は、接種券が届いてからとなります。接種券が届く前に予約はできません。

接種券に同封のチラシも十分お読みいただき、内容を理解した上、接種をしていただくようお願いいたします。

ワクチン接種は強制ではありません

接種の際には、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応の双方のリスクについて理解いただいた上で、自らの意志で接種を受けていただいています。

受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

対象者・接種券発送時期

接種券の発送時期については以下のとおりです。対象者への接種券の発送は完了しました。

羽咋市内の接種の予約はすべて完了しました。県の大規模接種会場では、10月30日まで接種が可能です。県の大規模接種会場でご予約されることをお勧めします。

接種券の発送時期
対象者 接種券発送時期
75歳以上 4月20日に発送済
65歳~74歳 5月14日に発送済

高齢者施設従事者、

保育所・園、認定こども園、小・中学校の職員

6月中旬までに施設を通じて配布済
19歳~22歳 6月23日に発送済

50歳~64歳、

49歳以下の基礎疾患を有する人

6月30日に発送済

23歳~30歳 7月8日に発送済
17歳~49歳(19歳~30歳除く) 7月12日に発送済
12歳~16歳 7月20日に発送済

ワクチンの種類

国の薬事承認を受けているワクチンは下記のとおりです。

現在、羽咋市で使用しているワクチンはファイザー社製です。

新型コロナワクチンの種類
製薬会社 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔
ファイザー社 mRNAワクチン 2回 3週間(21日)
武田/モデルナ社 mRNAワクチン 2回 4週間(28日)
アストラゼネカ社 ウイルスベクターワクチン 2回 4~12週間(28日~84日)

 

誤情報にご注意ください

現在、新型コロナウイルス感染症のワクチンに関する誤情報が様々な媒体で流布しており、情報の発信源が特定できないものや、厚生労働省が正式に認められない情報については、まず疑いましょう。

また、情報に出典がついているか、出典先に科学的な根拠が示されているかどうかも確認しましょう。そして、怪しいと思った情報は、安易に次の人に渡さないようにしてください。

良く出回る誤情報に関する質問に対してお答えします。

Q&A
質問 回答
mRNA(メッセンジャー)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。 mRNA(メッセンジャー)ワクチンで注射するmRNAは短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。
 
ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか? ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。
ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠は確認されていません。
 
新型コロナワクチンの接種が原因でたくさんの方が亡くなっているというのは本当ですか? 日本において、新型コロナワクチンの接種が原因で亡くなった方がいるという事実は確認されておりません。
 
ワクチン接種により不正出血や生理不順が起こるのは本当ですか? mRNA(メッセンジャー)ワクチンが直接的に不正出血や生理不順を起こすことはありません。
 
新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)が終わっていないというのは本当ですか? 新型コロナウイルスワクチンは、臨床試験(第3.試験)で、有効性と安全性に関して厳格な評価が行われた後に承認されています。その上で、効果の持続性等を確認するために臨床試験が継続されています。
 

接種回数

ワクチンの効果を高めるために、同じ製薬会社のワクチンを1人2回接種します。

ワクチンの種類により、3週間または4週間の間隔で接種します。

なお、他の予防接種を受ける場合には、コロナワクチンの前後2週間の間隔をあける必要があります。

接種時期・会場

原則、住民票所在地で接種となります。

2回とも同じ接種会場で接種してください。

・集団接種(コスモアイル羽咋)・・・5月12日から

・集団接種(公立羽咋病院)・・・5月26日から

・個別接種・・・6月14日から

・集団接種(羽咋すこやかセンター)・・・7月17日から

接種の流れ・持ち物

1 接種券が届く

2 接種日・時間・会場を決める

※1回目を予約すると2回目は3週間後の同じ時間に予約となります(2回目の予約は不要です)。1回目・2回目ともに接種できる日程であることを確認の上、1回目の日程でご予約ください。

3 WEBまたは電話で予約する

【WEB予約方法】

1)このページの上部にあるバナーをクリック、または案内にあるQRコードを読み取る。

2)接種券番号と生年月日を入力する。

3)住所や電話番号等の必要な情報を登録する。

4)接種を希望する会場を選択し、予約可能な日時を選んで予約する。

【電話予約方法】

1)羽咋市新型コロナワクチンコールセンター0120-984-903(平日・土曜日8:30~18:00)に電話する。

2)スタッフの案内に従い、接種券番号、生年月日、氏名、住所、電話番号等を伝える。

3)接種を希望する会場を伝え、予約可能な日時を選ぶ。

4)自分の予約した会場、日時をメモしておく。

※詳細な予約方法は広報はくい4月号でご確認ください(このページの一番下に添付ファイルがあります)。

4 接種当日

自宅で予診票を記入し、予約した時間までに、マスクを着用し、以下の持ち物をご持参の上、お越しください。

●持ち物

1)接種券(クーポン券)

2)予診票(自宅で記入してご持参ください)

3)本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証など)

※お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

住所地外接種について

羽咋市に住民票がある場合(市外で接種を希望される人)

・羽咋市外の医療機関や施設に入院・入所中の人は、その医療機関や施設で接種が可能です。詳しくは医療機関や施設にご相談ください。

・市外の医療機関に定期通院している、基礎疾患を持つ人は、主治医の下で接種をすることも可能です。医療機関にご相談ください。

・上記以外のやむを得ない事情(単身赴任、学生、里帰り分娩等)で、羽咋市外で接種を希望される人は、実際に接種を希望する自治体に申請が必要となります。申請方法は自治体によって違うため、接種を希望する自治体にご相談ください。

羽咋市に住民票がない場合(羽咋市で接種を希望される人)

・入院・入所中の人は医療機関や施設にご相談ください。

・基礎疾患を持つ人が、定期通院中の羽咋市内の医療機関で接種をする場合には、医療機関に相談の上、羽咋市に予約が必要となります。予約方法については、上述の「ワクチン接種の予約について」をご参照ください。

・上記以外のやむを得ない事情で、羽咋市で接種を希望される人は、羽咋市への申請と予約が必要となります。予約方法については、上述の「ワクチン接種の予約について」をご参照ください。

【申請方法】1)、2)どちらかの方法で申請ください。

1)羽咋すこやかセンターにて、住所地外接種届出済証を発行してもらい、接種会場に持参する。(電話又は来所)

2)インターネット上で「コロナワクチンナビ」で検索し、コロナワクチンナビから届出する。住所地外接種届出済証を、自分で印刷するかそのページを保存して接種会場にお持ちください。羽咋市のWEB予約を利用するには登録が必要になります。コールセンターまたは健康推進係にご連絡ください。

接種に関しての注意事項

1)接種の意思は固まっていますか

接種希望の意思を固めた上でお越しください。接種会場で接種した方がよいかの相談はできません。

2)持病のある人は、症状をよく知るかかりつけ医に接種しても大丈夫か確認しましたか

事前にかかりつけ医に相談・確認の上、接種会場にお越しください。確認していない場合は、接種できないことがあります。

3)予約はしましたか

予約をしていない場合、接種はできません。

接種当日の注意事項

1)体温を測定し、発熱・体調不良はありませんか

2)肩を出しやすい服装ですか

3)予診票は記入しましたか

4)クーポン券・予診票・本人確認書類は持ちましたか

5)マスクを着用し、予約時間までに会場にお越しください

各種問い合わせ先

接種の予約先

羽咋市新型コロナワクチンコールセンター

0120-984-903(平日・土曜日 8時30分から18時)

施策に関して

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

0120-761-770(平日・土曜日・日曜日・祝日 9時から21時)

専門的な相談(副反応、ワクチンの効果、接種の可否等)

石川県コロナワクチン副反応相談センター

0120-540-004(平日・土曜日・日曜日・祝日 9時から21時)

この記事に関するお問い合わせ先

羽咋すこやかセンター内 健康福祉課健康推進係

〒925-0027
石川県羽咋市鶴多町亀田17 1階
電話:0767-22-1115 ファクス:0767-22-7179

メールでのお問合わせはこちら