気多大社(けたたいしゃ)

更新日:2018年02月28日

創建二千年もの歴史を持つ能登一宮

​​​​​​気多大社は大国主命(おおくにぬしのみこと)、またの名を大己貴命(おおなむちのみこと)を祭神に祀る神社です。

古くは天平20年(西暦748年)、当時越中国守であった大伴家持が能登巡行の折に「気太神宮」に赴いたと「万葉集」にみえ、平安時代の神社台帳である「延喜式神名帳」では名神大に列しています。
大正時代に国幣大社に列したことから「気多大社」として親しまれています。

門出式(1月11日)、平国祭(3月18~23日)、例祭(4月3日)、御贄祭(5月・9月1日)、大祓式(6月30日)、鵜祭(12月16日)など、四季折々に様々な神事が行われ、境内はゆかしい風情が漂います。

1983年5月、昭和天皇が本殿背後の入らずの森を視察された際には、
「斧入らぬ みやしろの森 めづらかに からたちばなの 生ふるを見たり」
との御製を詠まれました。

気多大社の文化財

(注意:すべての文化財を常時拝観できるわけではありません)

重要文化財 建造物

  • 神門
  • 拝殿
  • 若宮神社本殿
  • 本殿
  • 白山神社本殿

重要文化財 書跡

  • 後奈良天皇女房奉書

重要無形民俗文化財

  • 気多の鵜祭の習俗

国指定天然記念物

  • 気多神社社叢(入らずの森)

石川県指定有形文化財 建造物

  • 神庫/江戸中期 あぜくら造り
  • 随身門/江戸中期 三間一戸の簡素な八脚門

石川県指定有形文化財 古文書

  • 気多神社文書

石川県指定天然記念物

  • ケタノシロキクザクラ

Googleマップのストリートビュー

そのほかの見どころ

折口信夫父子の歌碑

門出式

(1月11日)

おいで祭り(平国祭)

(3月18日~23日)

御贄祭

(5月1日、9月1日)

大祓式(おおはらえしき)・茅の輪くぐり(ちのわくぐり)

(6月30日)

鵜祭り

(12月15日)

案内

拝観時間

午前8時30分~午後4時30分

拝観料

通常無料(注意:昇殿参拝は10人以上 100円[1人]、10人以下 1000円[1グループ]

羽咋市のおもな神社仏閣

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら