【羽咋駅周辺整備】工事の進捗状況

更新日:2023年12月06日

「 羽咋駅周辺整備工事 」 について、完成までの間

現場写真を撮影し、工事の進捗状況 をお知らせしていきます♪


★賑わい交流拠点「LAKUNAはくい」は、令和6年夏頃オープンに向けて工事中です★
 

完成イメージ図

工事一覧

※計画図のため、完成時には実際と異なる場合があります。

工事の進捗状況(随時更新)


▮2023年10月

8月に引き続き、都市計画道路川原町線と稲荷橋架替工事は進行中です。

市道羽咋101号線に側溝が設置され、道路の形が見えてきました。

「LAKUNA はくい」は外部からは目立った変化が分かりづらいですが

屋根や外壁、床の工事がどんどん進んでいます。

今月は工事現場見学ツアーが開催され、建設中の施設内に入ることのできた

参加者からは、より一層オープンが楽しみになったという声がありました♪


▮2023年8月

「LAKUNA はくい」の鉄骨組立工事が完了し、施設周囲に足場が設置されました。

今後、施設の屋根や外壁、床の工事に取り掛かっていきます。

また、都市計画道路川原町線の側溝の設置工事や

市道羽咋101号線の稲荷橋架替工事も進んでいます。

周辺道路からも工事の様子が見えるので、

工事が進んでいく様子をみながらオープンを楽しみにお待ちください♪


▮2023年7月

市道羽咋101号線の稲荷橋の橋台工事と、石川県による長者川左岸工事が完了しました。

愛称が決まった「LAKUNA はくい」は1F~4Fまでの鉄骨組立工事が進んでいます。

施設の柱や梁になる部分です。少しずつ建物の形や高さがみえてきてワクワクしますね♪

周辺道路からも工事の様子が見えます。

koujisinnchoku07-1
koujisinnchoku07-2

▮2023年5月

交流拠点では基礎工事が進んでいます。

また、市道羽咋101号線の稲荷橋の橋台工事や

石川県による長者川左岸の護岸工事も進んでいます。

現在、本施設の愛称を選定中ですので、決定が楽しみですね♪

202305zentaizu2
202305kisokouji

▮2023年1月

市道羽咋101号線の側溝設置と石川県が長者川右岸の護岸工事をしました。

大雪で敷地一面が雪化粧となりましたが

施設のシンボルツリーであるケヤキの木陰がロマンチックでとても美しいです。

202301
202301-2

▮2022年12月

既存飲食店の曳家工事と交流拠点の造成工事(赤い点線)が完了しました。

敷地内に擁壁や側溝が設置され、完成イメージ図に少しずつ近づいてきました。

全体図
造成

▮2022年11月

曳家工事で家屋が移動しました。

10月に開催された工事現場見学ツアーの様子です。(写真右)

工事現場見学ツアーでは、参加者に曳家を手伝ってもらいました。

202211施設
202211全体

▮2022年10月

交流拠点施設の造成工事、川原町線に係る家屋の解体をしました。

少しずつ川原町線の道路の形が見えてきており、

開通後は、羽咋駅西の交通の利便性が高くなる予定です。

202210施設
202210全体

▮2022年5月

交流拠点施設の盛土工事、川原町線に係る家屋解体工事をしました。

また、石川県が長者川左岸の護岸工事をしました。

親水空間として階段護岸も整備されており、水際まで降りていくことができます。(写真右)

202205施設
202205全体

▮2021年9月

市道羽咋101号線沿いの家屋を解体しました。

敷地内にあった大きなケヤキの木は、心地よい木陰をもたらしてくれるため

伐採せずに活用していきます。(写真右)

202109施設
202109全体

▮2021年4月

旧商業施設の建物解体が終わり、周辺の家屋を解体しました。

長い間、空き店舗となっていた場所に賑わい交流拠点施設と商業棟が建ちます。

JR羽咋駅からのアクセスも良く、全世代が集いふれあう場所となる予定です。

202104交流拠点
202104全体

▮2019年8月

工事前の状況です。旧商業施設の建物が残っています。

201908施設
201908全体
この記事に関するお問い合わせ先

都市づくり推進室

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-9645 ファクス:0767-22-4484

メールでのお問合わせはこちら