擬音の石彫オブジェ

更新日:2018年02月28日

まるで漫画の擬音のようです

擬音の石彫オブジェの写真1
擬音の石彫オブジェの写真2
擬音の石彫オブジェの写真3

JR羽咋駅のロータリー付近には擬音の石彫オブジェが設置されています。

これは2005年3月に羽咋駅前のにぎわい復活のために、羽咋駅前通り商店街事業協同組合により設置されたもので、5点あるオブジェはすべて彫刻家の馬渕洋氏による作品です。

ネットやテレビなどで擬音の石彫オブジェは話題となり、徐々に各地からオブジェを見るために訪れる方が増えています。
訪れた方は様々に奇妙なポーズをとって記念撮影をされています。
特に「ジャーン」と彫られたオブジェは、上に立ちポーズがとれます。
(ダイヤモンドではありませんが、人の体重では砕けません)

あなたもオブジェと一緒に記念撮影をしませんか?
奇妙なポーズで記念撮影すれば、きっと周囲に波紋が起こるはず!

(注意)撮影をされる際は、車の往来にお気をつけください。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら