法定検査を受検しましょう

更新日:2022年01月04日

浄化槽は、トイレや台所などから出る汚れた水をきれいに処理し、身の回りの生活環境を支える重要な施設です。適切に管理していない場合は、処理水質が悪化し、悪臭や河川の水質汚濁の原因にもなります。

浄化槽使用者の三つの義務

浄化槽を使用されている方には、保守点検、清掃、法定検査の三つの義務があります。

「浄化槽の日」を機会に、日ごろの点検(日常点検、法定検査)や維持管理(汲み取り清掃・修繕)が正しく行われているか確認してみましょう。

・保守点検(年3回以上)

・清掃(年1回以上)

・法定検査(年1回)

(注)法定検査は、[石川県浄化槽協会]が保守点検や清掃が正しく行われているかを検査するものです。

(注)市が設置・管理している浄化槽は、維持管理者に委託して管理しています。

10月1日は浄化槽の日です

10月1日の浄化槽の日に合わせて、日ごろの点検結果を確認してみましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

地域整備課上下水道管理係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-7193 ファクス:0767-22-9643

メールでのお問合わせはこちら