正覚院(しょうがくいん)

更新日:2018年02月28日

正覚院
追儺の豆まき
木造阿弥陀如来坐像

千年以上にわたる気多大社ゆかりの寺

鶴亀蓬莱山正覚院は気多大社に隣接して所在する真言宗の寺院で、本尊は大日如来です。

養老年間、泰澄大師が伊勢内外宮を参拝しての帰り、夢想の歌「恋しくば尋ねても見よ能く登る一つの宮の奥の社へ」とのお告げを受けて、気多神宮寺を創建したと言い伝えられており、正覚院はその内の一寺です。

明治初頭の神仏分離により、他の気多神宮寺である長福院・地蔵院・薬師院が廃絶し、正覚院のみが存続・独立して現在に至っています。

こうした経緯から、同寺には気多大社ゆかりの寺宝が引き継がれています。

重要文化財の阿弥陀如来坐像も、かつて気多大社の講堂本尊が移されたものです。

また、七尾出身で桃山時代の著名な日本画家・長谷川等伯の信春時代の作品も所蔵しています。

正覚院の文化財

((注意)すべての文化財を常時拝観できるわけではありません)

重要文化財 彫刻

木造阿弥陀如来坐像

石川県指定有形文化財 絵画

  • 絹本著色真言八祖像
  • 絹本著色十二天図

羽咋市指定文化財 彫刻

木造十一面観音立像

羽咋市指定文化財 工芸品

銅板打出日輪懸仏

羽咋市指定文化財 典籍・古文書

正覚院古文書・典籍類

そのほかの見どころ

(2月3日)

案内

拝観は要予約

拝観料

羽咋市のおもな神社仏閣

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら