白鳥の里 邑知潟

更新日:2018年11月20日

10月下旬から3月中旬ごろが見ごろです

この羽咋市邑知潟(はくいしおうちがた)には、毎年、白鳥やカモ、サギなどの他、猛禽類も多く飛来することで知られ、10月中旬になると白鳥をはじめとする冬鳥が飛来し、3月下旬までが見ごろです。

珍鳥や迷鳥も現れることから県内外から多くの見学者が訪れます。

また、早朝には、夜間邑知潟湖面に羽を休めていた白鳥がえさ場に向けて、湖面から飛び立つ様子もまじかに見ることができます。(気象条件によります)優雅に邑知潟で、家族で仲良く泳ぐ白鳥たちの姿をみていると、日ごろの疲れを癒してくれるかのようにも感じます。

かつてトキも生息していたほどの自然豊かな環境が、鳥たちの楽園にもなっているのでしょうか。

ご来場の際には、白鳥がえさを摂っている集団には近づきすぎないようにしましょう。

白鳥は、非常に敏感で、えさ場にふさわしくないと判断すると二度とその場には来なくなってしまいます。(えさ場の放棄が起きます)

また、犬や猫なども厳禁です。驚かせないように静かに見学をお願いします。

ぜひ、鳥類事典を持参し、珍鳥を探してみてください。

羽咋市白鳥マップの地図のイラスト

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら