令和4年度第2期がんばる羽咋創生総合戦略の効果検証結果を報告

更新日:2022年10月19日

~地方創生臨時交付金事業についても効果検証~

羽咋市では、人口減少を和らげるとともに人口減少社会へ適応したまちづくりを行うことを最大のテーマとして、「第2期がんばる羽咋創生総合戦略」を令和2年度に策定しています。

この戦略は、雇用の創出、移住・交流の推進、結婚・出産・子育てへの総合的支援、安心・安全なまちづくり、持続可能な地域づくりなど、市が最重点施策とする人口減少対策に関わる方向性や具体的な事業を掲げた行動計画になります。

毎年、市民代表も含めた有識者会議によって、効果検証が行われており、9月29日、戦略会議の松田孝司会長、伊藤幸雄副会長、平子紘平アドバイザーが岸市長に令和3年度実績に基づく効果検証結果を取りまとめた報告書を提出しました。

今回の結果については、82施策のうち68施策が「取組内容の深化・発展、継続すべき」、14施策が「取組内容の見直し」と評価されました。

なお、提出された効果検証報告書には、地方創生臨時交付金事業における効果検証結果も掲載されています。

市では、この報告結果を今後の市政運営などに反映し、「輝く羽咋」の実現に向けて取り組んでいく方針です。

 

岸市長(一番右)に報告書を手渡した戦略会議委員の方々

関連書類

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興室

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-7192 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら