第2期総合戦略の効果検証結果を報告~コロナ対策を盛り込み戦略を改訂~

更新日:2022年04月20日

10月26日、本市の人口減少対策を盛り込んだ「第2期がんばる羽咋創生総合戦略」(令和2年度策定)に掲げた79施策に係る81の目標値(KPI)の効果検証結果を取りまとめた評価報告書が市に提出されました。

評価報告書は、羽咋市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議の松田孝司会長、笠間孝一副会長、アドバイザーを務める金沢大学の平子紘平特任助教から岸市長に手渡されました。

総合戦略についての効果検証・評価報告書の提出は毎年行われており、今回の令和2年度実績に基づく効果検証結果では、目標値を定めた63の指標で「◎ 取組内容の深化・発展、〇 継続すべき」、18の指標で「△ 取組内容の見直し」と評価されました。

なお、「△ 取組内容の見直し」と評価された指標のほとんどは、人の流れに影響を受ける事業と関係しており、コロナ禍の影響から目標値に対して実績が伴わなかったことによるものです。

併せて同会議で承認された第2期総合戦略の改訂案も岸市長へ手渡されました。

改訂案は、新型コロナウイルス対策などを新たに盛り込んでおり、市は、この提言を受け10月30日付けで第2期総合戦略の改訂することを決定しました。

市では、効果検証結果報告書と第2期総合戦略の改訂版の内容を来年度予算編成方針へ反映し、今後の市政運営に取り組んでいくことになります。

※改訂版戦略については、下記から閲覧できます。

第2期がんばる羽咋創生総合戦略(令和3年10月30日改訂版)(PDFファイル:4.5MB)

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興室

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-7192 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら