短冊に防火の願い込める

更新日:2018年07月05日

~子どもたちが羽咋消防署で七夕の笹飾り~

笹竹に防火短冊を飾り付ける子どもたち

笹竹に防火短冊を飾り付ける子どもたち

笹竹を囲んで歌う子どもたち

笹竹を囲んで歌う子どもたち

防火衣も着てみたよ!

防火衣も着てみたよ!

7月5日、羽咋幼稚園、とき保育園、西北台保育所、邑知保育園の子どもたち総勢55人が、羽咋消防署で、七夕に合わせた恒例行事になっている防火短冊の飾り付けを行いました。

子どもたちは2本の笹竹に“かじになりませんように”など、防火への願いを込めた短冊を一人一つ飾り付けました。防火への思いを七夕の願いにすることで、火の用心の大切さをしっかりと学ぶことができたようです。

また、飾り付けた笹竹を取り囲み、みんなで手をつないで“たなばたさまの歌”を元気いっぱいに歌いました。

なお、完成した笹竹は羽咋消防署の正面玄関と羽咋市役所のホールに飾られていますので、ぜひ、ご覧になってください。

かじになりませんように

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら