厳かに、 華やかに “五重塔建立400年を祝して”

更新日:2018年05月15日

5月6日に第14回五重塔まつりが開催されました!

まつりのメーンイベント“奴行列”

まつりのメーンイベント“奴行列”

ミスユニバース石川代表とミス加賀友禅

ミスユニバース石川代表とミス加賀友禅

フィナーレで圧巻の演舞を披露した市川梅之助

フィナーレで圧巻の演舞を披露した梅川壱之介さん

5月6日、滝谷町にある妙成寺で第14回五重塔まつりが開催されました。

今年は、五重塔が建立してから400年の節目の年であり、メーンイベントの奴行列にはミス加賀友禅の2人が交代で籠に乗り、ミスユニバース石川代表が後に続いて、まつりに花を添えました。

境内では、羽咋市太鼓連絡協議会が力強い太鼓演舞を披露。本堂内では“玉川同門会”が能楽を奉納し、“篠の会”による小唄と笛の演奏もあり、大勢の見物客が聴き入りました。

ミスユニバース石川代表とミス加賀友禅らによる着物ショーも開かれ、美しい加賀友禅の着物を身にまとった女性と厳かな雰囲気を醸し出す妙成寺が絶妙にコラボレーションし、来場者を楽しませました。

フィナーレでは、舞踊家の梅川壱之介さんが五重塔建立400年を祝して“獅子の舞”を奉納し、大いに盛り上がりました。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら