新型コロナウイルス 事業者向け情報

更新日:2020年11月02日

新型コロナウイルス関連情報
事業者向け

事業者への支援制度

前年同月比30%以上50%未満減収の中小企業、個人事業主(全業種対象)に最大20万円を支給

前年同月比50%以上減収の中堅・中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給

国の持続化給付金を受給した事業者に対して、中堅・中小企業に一律50万円、個人事業主に一律20万円を給付

休業要請に応じた事業所に給付(中小企業50万円、個人事業主20万円)

 

 

市税等の支払い猶予・減免

収入が前年同時期と比較し概ね20%減少し、一時的にお支払いが困難となった場合、事前に相談・申請することで、1年間徴収を猶予。

収入が減少し、一時的に水道料金・下水道使用料のお支払いが困難となった場合、事前に相談・申請することで、3カ月支払い猶予(最長1年間)。

令和2年7月請求分(6月使用分)~ 令和2年10月請求分(9月使用分)の4カ月間、基本料金とメーター使用料を全額減免。

新型コロナウイルス感染症の影響で、事業収入が減少した中小事業者に対して、令和3年度課税の1年度分に限り、事業用家屋および償却資産に係る固定資産税・都市計画税の課税標準額を軽減

 

 

農業関係者の皆さまへ

相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染予防に関することなど

石川県感染拡大防止県民相談センター
076-225-1921 受付時間:9時~18時(土日・祝日も実施)

厚生労働省でも、電話相談窓口を設置しています。
0120-565653(フリーダイヤル) 9時~21時(土日・祝日も実施)

帰国者・接触者相談センター(24時間対応)

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えた相談。受診体制として、発熱などの症状がある方は、まずはかかりつけ医など、身近な医療機関に電話で相談の上、受診してください。
かかりつけ医がいないなどの相談先として、石川県は新たに「石川県発熱患者等受診相談センター」を開設しました。
今後の相談体制は以下のとおりとなります。


発熱患者等の相談・受診
発熱などの症状がある方は、まずはかかりつけ医などの身近な医療機関にお電話でご相談ください。

受診相談先に迷う場合の相談窓口
石川県発熱患者等受診相談センター(コールセンター)
電話番号:0120-540-004(フリーダイヤル)
受付時間:土日祝日を含めて24時間対応

※これまで保健所等に設置していた「帰国者・接触者相談センター」は石川県発熱患者等受診相談センターに一元化されます。

 

<相談の目安>

1 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合

2 重症化しやすい人※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある人や、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人。妊婦の人も、念のため、重症化しやすい人と同様に早めにご相談ください。

3 上記の人以外で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

市健康福祉課(新型コロナウイルス感染症対策本部事務局)
〒925-0027 石川県羽咋市鶴多町亀田17 1階 電話:0767-22-1112 ファクス:0767-22-7179

市代表電話
〒925-8501 石川県羽咋市旭町ア200 電話:0767-22-1111