新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)について

更新日:2022年05月20日

1 接種対象者

新型コロナワクチンを2回目接種後、6か月以上経過した市民のうち、追加接種を希望する18歳以上の方

2 接種時期及び接種券発送時期(予定)

3回目の接種は、2回目の接種を受けた日から6か月以上経過した日から接種可能となります。

(例1)令和3年8月1日に2回目を接種→令和4年2月1日から3回目の接種が可能

(例2)令和3年8月30日に2回目を接種→令和4年3月1日から3回目の接種が可能

ただし、ワクチンの配送時期や接種対象人数等を考慮して以下のとおり接種券を発送します。3回目の接種を希望する方は、接種券がお手元に届いたら、ご予約の上、接種を受けてください。

接種時期及び接種券発送スケジュール(予定)
2回目接種完了時期 接種券発送時期
令和3年3月、4月 令和3年11月24日(発送済み)
令和3年5月 令和3年12月21日(発送済み)
令和3年6月 令和4年1月19日(発送済み)
令和3年7月1日~10日 令和4年2月4日(発送済み)
令和3年7月11日~13日 令和4年2月9日(発送済み)
令和3年7月14日~31日 令和4年2月16日(発送済み)
令和3年8月1日~10日 令和4年2月24日(発送済み)
令和3年8月11日~25日 令和4年3月2日(発送済み)
令和3年8月26日~9月2日 令和4年3月4日(発送済み)
令和3年9月3日~9月30日 令和4年3月15日(発送済み)
令和3年10月1日~10月17日 令和4年3月30日(発送済み)

※2回目接種完了が令和3年10月18日以降の人は、2回目接種後、6か月前後に追加接種券を発送いたします。2回目接種後、6か月過ぎても追加接種券が届かない場合は、下記お問合せ先へご連絡ください。

 

3 接種方法

3回目接種の予約受付は令和4年1月24日(月曜日)から開始します。

接種券が届いた後、同封の案内を確認し、ご予約ください。

【予約方法】

WEB予約又は電話予約(羽咋市新型コロナワクチンコールセンター0120-984-903)

4 海外で接種を受けた方、2回目のワクチン接種後に羽咋市に転入された方へ

羽咋市では2回目の接種日を把握できないため、接種券を送付することができません。3回目の接種を希望する方は、接種券の交付申請をしてください。

【交付申請方法】次のうち、ご都合のよい方法で申請してください。

(1)コロナワクチンナビで交付申請する。

(2)羽咋市新型コロナワクチンコールセンター(0120-984-903)に電話して交付申請する。

(3)健康福祉課健康推進係(羽咋すこやかセンター内)に交付申請する。(電話又は来所)

5 使用するワクチンの種類

国は、1,2回目接種(初回接種)に使用したワクチンの種類に関わらず、3回目接種(追加接種)では、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン又は武田/モデルナ社ワクチン)を使用することとしており、初回接種と追加接種で異なるワクチンを接種する交互接種を可能としています。

令和4年4月19日に武田社ワクチン(ノババックス)が薬事承認され、3回目接種として使用できるようになりました。ワクチンの詳細については下記の厚生労働省ホームページでご確認ください。

【交互接種の効果や安全性について】

諸外国では、初回接種で使用されたワクチンの種類に関わらず、追加接種でmRNAワクチンを推奨する国が多く、また、交互接種を認めている国は、米国を始め複数あります。

追加接種において、初回接種で使用したワクチンと異なるワクチンを使用すること(交互接種を伴う追加接種)の効果や安全性を評価した米国の研究によれば、交互接種を伴う追加接種の抗体価の上昇は良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差が無かったと報告されています。

この記事に関するお問い合わせ先

羽咋すこやかセンター内 健康福祉課健康推進係

〒925-0027
石川県羽咋市鶴多町亀田17 1階
電話:0767-22-1115 ファクス:0767-22-7179

メールでのお問合わせはこちら