【終了】持続化給付金について(国)

更新日:2021年02月01日

持続化給付金(国)の申請期間は終了しました。

※申請期間は終了しました。

 

中小企業庁において、新型コロナウイルスの影響により売上が前年比50%以上減少している事業者に対し、法人最大200万円、個人事業者最大100万円を給付する制度が創設されました。

 

詳しくは、「持続化給付金」に関するページ(リンク先:経済産業省)をご覧ください。

 

 

持続化給付金とは?

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

 

給付額

法人は200万円まで、個人事業者は100万円まで

※ただし、昨年1年間の売り上げからの減少分が上限です。

 

給付対象

資本金10億円以上の大企業を除く、中堅・中小法人、個人事業者を対象とします。

また、医療法人、農業法人、NPO法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。

 

 

【終了】石川県経営持続支援金について

※申請期間は終了しました。

 

石川県では、県内の中堅・中小企業及び個人事業主(フリーランス含む)の事業継続を後押しするため、

国の持続化給付金を受給した事業者に対して、石川県経営持続支援金を速やかに給付します。

 

【対象者】     国の持続化給付金を受給した確定申告の納税地が石川県内の事業者

【給付額】     中堅・中小企業は一律50万円、個人事業主は一律20万円

【申請期間】  令和2年9月30日(水曜日)まで ※申請期間が延長されました!

 

詳しくは、石川県のホームページをご覧ください。

 

関連ページ