マイホーム取得を応援!住宅ローンの金利引き下げ対象者が増えました

更新日:2018年07月13日

羽咋市でマイホーム取得に対する補助金を受けると、住宅金融支援機構の住宅ローン【フラット35】の借入金利引き下げ(当初5年間、年0.25%)を受けることができます。

これまでの対象者「三世代同居・近居(新築)」に加え、新たに「転入者(新築)」「子育て世帯(新築)」「空家バンク登録物件(中古住宅)」を追加しました。

【フラット35】金利引き下げ対象者

フラット35の融資基準を満たす方で、下記の条件のいずれかに該当する方。

新築住宅を取得する場合

対象事業:羽咋市住まいづくり奨励金交付事業

下記のいずれかに該当し、住まいづくり奨励金を25万円以上受ける方が対象です。

・新築住宅を取得する、転入者

・新築住宅を取得する、子育て世帯(自身の18歳未満の子がいる世帯)

対象事業:羽咋市空家リフォーム再生事業

・羽咋市空家リフォーム再生事業の解体助成を利用して、空き家バンク登録物件の空家を解体し、跡地に住宅を新築する方が、金利引き下げの対象です。

中古住宅を取得する場合

羽咋市空家リフォーム再生事業を利用して、空き家バンク登録物件を購入する方

利用手続き方法

1.事業利用申請書及び添付書類を羽咋市宛にご提出下さい。

2.市で補助事業の対象となることを確認後、利用対象証明書を交付します。

3.利用対象証明書を、フラット35のご契約時までに取扱金融機関にご提出下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

地域整備課都市計画係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-9645 ファクス:0767-22-4484

メールでのお問合わせはこちら