県障害者フライングディスク競技大会が開催されました

更新日:2019年09月24日

障がい者の社会参加のきっかけに

9月21日、羽咋体育館で、石川県障害者フライングディスク競技大会が開催されました。

本大会は、石川県障害者フライングディスク協会が例年開催しているもので、スポーツを通じて障がい者の社会参加を促進するとともに、障がい者に対する理解を深めることを目的としています。

今回、第10回大会の会場となった羽咋体育館には、県下各地から約140人の選手と約80人のボランティアを含むスタッフが集い、盛大に開催されました。

あいにくの天候により、ディスクの飛距離を競う”ディスタンス競技”は中止となりましたが、規程の距離(3m、5m、7m)からディスクを10投し、フープの中を通った数を競う”アキュラシー競技”が実施され、選手らが熱戦を繰り広げました。

60万人目となった竹林さんご家族

フープに向けてディスクを投じる選手(アキュラシー競技・ディスリートセブン(7メートル))

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課援護係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎1階
電話:0767-22-3939 ファクス:0767-22-1048

メールでのお問合わせはこちら