JAはくいが9年連続の寄付

更新日:2019年06月24日

寄付累計金額が1,000万円超

6月21日、JAはくいの山本好和組合長ら4人が市役所を訪れ、“能登のはとむぎ茶”の売上金の一部として、123万円の寄付目録を中田副市長に手渡しました。

山本組合長は「この寄付金を原資に、地元の子どもたちに自然栽培米を食べてもらいたい。今後もJAと市で連携し、自然栽培の取り組みを進めていきたい」とあいさつ。

寄付金額は、売り上げたペットボトル1本につき3円、焙煎茶ティーバッグ1袋につき12円を基礎とし、羽咋市と宝達志水町の人口比に基づき、両市町に割り振られています。

JAはくいからの寄付はこれで9年間連続となり、9年間の寄付金の累計総額は、1,084万円になりました。

寄付目録を手渡した山本組合長(左から2番目)

寄付目録を手渡した山本組合長(左から2番目)

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら