富永公民館で瑞穂小児童がちまき作り(令和元年度)

更新日:2019年06月11日

老人会から、ちまき作りを教わる

6月11日、富永公民館で同地区の老人会主催のちまき作りが行われ、老人会がちまき作りの指導役として参加し、瑞穂小学校3年生20人が作り方を教わりました。

児童は、おじいちゃん、おばあちゃんに作り方を聞いた後、ちまき作りに挑戦。
笹の葉5枚を使い、練られた団子を包み、ひもで縛って一人3本作りました。

作った後は、老人会の人たちがあらかじめ作っておいたちまきの試食も行われ、自分たちで作ったちまきは、お土産として持ち帰りました。

このちまき作りは同地区の児童らと老人会との交流事業として、毎年6月に行われており、伝統を学ぶ貴重な機会となっています。

ちまきの縛り方を教わる児童

ちまきの縛り方を教わる児童

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら