利用者の福祉サービス向上のため

更新日:2018年12月13日

~(一財)北陸郵便局長協会が車いす贈呈~

12月13日、(一財)北陸郵便局長協会が羽咋市の福祉サービスの向上を目的とし、市に車いす6台(18万円相当)を寄贈する目録を贈りました。

金丸郵便局の田畠正成局長、羽咋千里浜郵便局の出村太一局長、邑知郵便局の波木利樹局長の3人が山辺市長に目録を贈呈。田畠局長が「高齢者などで車いすを必要としている人に使ってもらえれば」と申し添えました。

山辺市長は「市民を代表して感謝したい。市内の公共施設に配置し、体の不自由な人に有効に活用していただきたいと思う」とお礼の言葉を述べました。

寄贈される車いすは、パンクしにくいノーパンク型で、12月18日から市役所をはじめ、市内の体育施設や公民館に配置されます。

左から出村太一局長、田畠正成局長、山辺市長

左から出村太一局長、田畠正成局長、山辺市長

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら