寿文化祭、演芸・カラオケで盛り上がる

更新日:2018年09月26日

~西屋文子さん(次場町)がステージの緞帳一式を寄贈~

センター利用者によるステージイベント

センター利用者によるステージイベント

かわいいダンスを披露して盛り上げる園児(写真は粟ノ保保育所園児)

かわいいダンスを披露して盛り上げる園児(写真は粟ノ保保育所園児)

感謝状を手渡される西屋文子さん(右)

感謝状を手渡される西屋文子さん(右)

9月21日、老人福祉センターで“第38回寿文化祭”が開催され、センター利用者ら60人が舞踊や詩吟、カラオケなどの発表を楽しみました。

発表に先立ち、粟ノ保保育所、西北台保育所、余喜保育所の園児らが元気いっぱいのダンスを披露し、会場を沸かせました。

開会にあたり、羽咋市社会福祉協議会の岩城和男会長が「これからもこの老人センターで健康で長生きするための文化を楽しんでもらいたい」とあいさつ。山辺市長と羽咋市老人クラブ連合会の折本義昭会長が祝辞を述べました。

引き続いて、同センター利用者の西屋文子さん(次場町)がステージの緞帳一式を寄贈したとして、山辺市長から西屋さんに感謝状が手渡されると、会場の利用者からは感謝の意を込めて拍手が贈られました。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら