羽咋中弓道男子が2年連続で全国大会へ

更新日:2018年08月05日

~個人戦でも田村奏くんが県大会優勝~

県大会で優勝し、全国大会へ出場する羽咋中弓道部メンバーら

県大会で優勝し、全国大会へ出場する羽咋中弓道部メンバーら

7月15日に金沢市の石川県立武道館で開催された第52回石川県中学校弓道大会の男子団体戦で、羽咋中が2年連続12回目の優勝を果たしました。男子個人戦でも同校3年の田村奏くんが優勝。それぞれ、8月に開催される第15回全国中学生弓道大会 JOCジュニアオリンピックカップ大会への出場を決めました。

同月27日、団体戦優勝メンバーの表慎介くん、堀越祥蔵くん、江場田大希くん、坂本空澄くん(全員3年)、個人戦優勝の田村奏くんが市役所を訪れ、一人一人が山辺市長と八島和彦教育長に全国大会へ臨む決意を伝えました。

団体戦で主将を務める江場田大希くんは「指導していただいたコーチや先生方に感謝し、全国大会でも日頃の練習の成果を発揮したい」と力強く語ってくれました。

山辺市長は「県で優勝できたことを糧とし、しっかりと準備をして臨んでほしい」と激励しました。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら