豆まきで無病息災を祈願

更新日:2018年02月28日

~正覚院で福男が鬼退治~

鬼役の地元関係者に豆を投げつける、3人の福男

鬼役の地元関係者に豆を投げつける、3人の福男

 

2月3日、正覚院(寺家町)で伝統の節分会“追儺(ついな)の豆まき”が開かれました。

お多福のお面を頭につけたかみしも姿の福男3人が「福は内、福は内、鬼は外」との掛け声に合わせ、赤鬼、青鬼役の2人の地元関係者へ威勢よく豆を投げつけ、一般参拝者は歓声を上げながら夢中で落ちた豆を拾い集めました。

別室で待っていた西北台保育所の子どもたち13人の前にも鬼が登場すると、子どもたちは声を上げて逃げ出しましたが、福男たちがすぐに駆け付け、豆を投げて撃退。

子どもたちも福男が投げた豆を夢中で拾い集め、今年一年の無病息災を祈願しました。

この記事に関するお問い合わせ先

秘書室広報広聴係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎3階
電話:0767-22-0771 ファクス:0767-22-8109

メールでのお問合わせはこちら