移住推進・関係人口拡大に関するパートナーシップ協定を締結

更新日:2021年02月12日

羽咋市・七尾市・中能登町で連携

羽咋市、七尾市、中能登町の3市町は、県内初となる「移住推進・関係人口拡大に関するパートナーシップ協定」を締結しました。
締結式は2月12日に七尾市役所で行われ、岸市長、茶谷義隆七尾市長、杉本栄蔵中能登町長が協定書に署名しました。

本協定は、生活圏を同じくする3自治体が相互に協力し、それぞれが有する人的・物的資源を活用し、関係人口拡大から移住推進による能登地域のヒトの流れの創出や地域の魅力発信に資することを目的としています。

式典で岸市長は、「2市1町でそれぞれの役割分担を明確にし、それぞれの強みや魅力を連携しながら発信することで大きな力になる」と期待を込めました。

協定書を手に取る岸市長、茶谷七尾市長、杉本中能登町長

協定書を手に取る岸市長、茶谷七尾市長、杉本中能登町長

協定書に署名する岸市長、茶谷市長、杉本町長

協定書に署名する3首長

この記事に関するお問い合わせ先

がんばる羽咋創生推進室

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-7192 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら