突然自宅を訪れる貴金属等の買い取りサービス(押し買い)のトラブル

更新日:2018年02月28日

突然 自宅を訪れる貴金属等の買い取りサービス

事例

 貴金属の買い取り業者が、「不要の貴金属を鑑定してあげる」などと突然訪問して来た。
 貴金属を出すまで居座られ、まだ他にもあるだろうとすごまれた。現金を受け取ったが、書類を書かされた。
 受け取った領収証には金額だけが書かれており、明細は書いてなかった。
 取り戻そうとしても、連絡先が分からない。

 2011年以降、このような相談が増えています。

助言内容

  • 貴金属の訪問買い取りを受けても、買い取ってもらうつもりがなければ、きっぱりと断りましょう。
  • 居座られたり、脅されたりたときは、一人で対応せず、警察を呼びましょう。
  • 買い取り業者が自宅に訪問し、消費者が物品を業者に売却するという取引には、クーリング・オフ(特定商取引法)は適用されません。
  • いったん業者に品物を渡すと、後で返品を申し出しても、返品された事例はほとんどありません。
  • 貴金属を買い取りする業者には、「古物商許可証」や「古物商従業者証」の提示を求めましょう。
  • 契約時には、業者の住所や連絡先、担当者名を確認しましょう。
  • 買い取り価格が相場に照らして適正かどうか、その場で判断することは、素人には困難です。買い取り価格の計算根拠や、買い取り条件を確認したうえで、それらの事を書面にしてもらい、控えも受け取りましょう。こうした要請に対応しない業者との取引は危険です。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら