新型コロナウイルス感染症にかかる国民健康保険の傷病手当金について

更新日:2020年06月19日

国保加入者にも「傷病手当金」が支給されます

傷病手当金は、病気またはけがのため仕事ができない場合に、収入の3分の2を支給する制度です。

国民健康保険の加入者で、新型コロナウイルスに感染症に感染した、または発熱等の症状があり感染が疑われて、仕事を欠勤し給与が支払われなかった従業員に、傷病手当金を支給します。

なお、支給を受けるためには申請が必要ですので事前にお問い合わせください。

 

▽対象者

以下のすべてを満たす方が支給の対象となります。

  1. 羽咋市の国民健康保険の加入者である
  2. 給与の支払いを受けている
  3. 新型コロナウイルスに感染症に感染した、または感染が疑われて、その療養のために仕事を欠勤した
  4. 給与等の支払いを受けられないか、一部減額されて支払われている

 

▽支給対象日数

支給の対象となるのは、労務に服することができなくなった日から起算して4日目以降の労務に服することができなかった日数の分です。

 

▽支給額

1日当たりの平均給与収入額の3分の2に支給対象となる日数を乗じて算出します。

1日当たりの平均給与収入額とは、直近の継続した3か月間の給与収入の合計額を、直近の継続した3か月間の就労日数で除した額をいいます。

た、1日当たりの支給額には上限があります。

 

▽適用期間

令和2年1月1日から令和3年12月31日までの間で療養のために労務に服することができなかった期間について、適用されます。

ただし、入院等が継続する場合等は最長1年6か月まで適用されます。

 

▽申請

以下の申請書1から申請書4を揃えて、市民窓口課に提出してください。

申請には医師の意見書および事業主の証明書などが必要となります。

まずは、お電話にてお問い合わせください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

市民窓口課国保年金医療係

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎1階
電話:0767-22-7194 ファクス:0767-22-4229

メールでのお問合わせはこちら