潮干狩り 羽咋スタイル

更新日:2018年02月28日

潮干狩りを楽しむみなさんへ

潮干狩りの様子の写真

潮干狩りの様子

千里浜海岸では、天然のハマグリ等が生息しています。

砂浜で潮干狩りができますが、そのスタイルは太平洋側と大きく異なります。

相違点

  1. 潮が引かない。(干満の差が小さいため)
  2. 長靴・熊手は不要(地元の方は、膝下あたりまで海に入り、素足で探ります。)
  3. 生息場所が移動する。(天然のはまぐりです。砂浜のどこにいるのか分かりません。)
  4. 採補できる保証はありません。(生息はしています。場所と時期が分かりません。)
  5. 入場料・買い上げ料はいただきません。
  6. 地元では、潮干狩りではなく貝取り(または、貝拾い)と言います。
  7. 波打ち際で遊びのついでにはまぐりが採れれば幸運という気持ちが必要

注意していただきたいこと

  1. あさり・はまぐりの体長制限!
     あさり、はまぐりの採捕にはサイズ制限があります(3センチメートル以下は採補禁止!)
  2. 大量に採捕する場合は、漁業権に抵触する場合がありますので、注意してください。
  3. 高波に注意(高波の場合は、危険なので海に入らないでください。
     (千里浜なぎさドライブウェイへの進入規制されます。)

関係する規則の概要

あさり・はまぐりの体長制限

 石川県漁業調整規則の第36条では体長等の制限がされており、あさり、はまぐりは3センチメートル以下のものの採捕が禁止されています。

殻長の制限

第三十六条 次の表の上欄に掲げる水産動物は、それぞれ同表下欄に掲げる大きさのものは、これを採捕してはならない。ただし、第一種共同漁業若しくは第三種区画漁業を内容とする漁業権又はこれらに係る入漁権に基づいて種苗として採捕する場合は、この限りでない。

殻長の制限の詳細
名称 大きさ
おきあさり(あおさがい) 殻長三センチメートル以下
はまぐり 殻長三センチメートル以下
べにざらがい 殻長九センチメートル以下
あわび 殻長十センチメートル以下

2 前項の規定に違反して採捕した水産動物又はその製品は、所持し又は販売してはならない。

使用できる漁具漁法

遊漁者等の漁具漁法の制限

第四十五条 漁業者が漁業を営むためにする場合若しくは漁業従事者が漁業者のために従事してする場合又は試験研究のために水産動植物を採捕する場合を除き、次に掲げる漁具又は漁法以外の漁具又は漁法により水産動植物を採捕してはならない。
一 竿釣及び手釣
二 たも網及び又手網
三 投網(船を使用しないものに限る。)
四 やす、は具
五 徒手採捕

2010年5月17日 一部情報修正しました。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら