【期間限定】日蓮宗本山妙成寺の知られざる旧跡の魅力発信!(ふるさと納税型クラウドファンディングにご支援ください!)

更新日:2021年07月16日

「重文十棟・妙成寺」国宝指定への後押しにご協力お願いいたします!

妙成寺五重塔

妙成寺のシンボル・北陸唯一の五重塔

国重要文化財10棟、県指定文化財3棟などが立ち並ぶ「日蓮宗本山 金榮山 妙成寺」。

厳かな雰囲気と共に、「三堂横並び」の配置など今では非常に貴重な建立当時の姿を今に伝えています。

加賀藩前田家ともゆかりが深いこの地は、寺の周辺地域にも魅力的なスポットが数多く存在します。

この素晴らしい文化遺産をしっかりと後世に伝え残していくために、妙成寺は石川県初となる国宝指定に向け取り組みを行っています。

そして、その取組みの一環として、多くの方にこの魅力を知っていただくため、寺にまつわる伝説が残る場所やビュースポットに説明看板を設置したいと考えました。

七面宮

七面宮

槐塚

槐(えんじゅ)塚

館跡

柴原将監舘跡

滝谷八幡神社

滝谷八幡神社

周辺マップ

妙成寺周辺には寺にゆかりのある史跡や美しい景観など知られざるスポットが点在しています

説明版イメージ

説明看板イメージ・名所めぐりの一助とします

【期間限定】「ふるさと納税型クラウドファンディング」によるご支援をお願いします。

■目的・・・妙成寺エリアに点在する、知られざる伝説や観光スポットに案内看板を設置。お寺の参拝に加えこれら周辺歴史スポットを巡る散策ルートを整備します。

■目標金額・・・100万円

■受付期間・・・令和3年7月16日(金曜日)~10月17日(日曜日)

■羽咋市民以外の方・・・ご寄附いただいた方には、妙成寺オリジナルトートバッグや現地でしか入手できない貴重な商品を取り揃えた、通常のふるさと納税同様返礼品をお送りするコースもございます。(詳しくは下記の「ふるさとチョイス 妙成寺クラウドファンディング」をご覧ください。)

※羽咋市民の方でもご寄附いただけますが品物の返礼はございません。

皆様の温かいご支援をお待ちしております!

「ふるさと納税型クラウドファンディング(ガバメントクラウドファンディング)とは」

Goverment(行政)Crowd(群衆)Funding(資金調達)

・自治体が抱える課題解決のため、ふるさと納税の寄附金の使い道をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄附を募る仕組みのことです。

■特徴

・寄附者が寄附したい具体的な使い道に寄附することができます。

・通常のふるさと納税同様、寄附金控除対象になります。

・目標額に達しない場合でも、集まったご寄附の総額に応じて事業を行います。

 

ふるさと納税寄附のお申込み方法

羽咋市では、インターネットによるふるさと納税サイト(ふるさとチョイス)から寄付申込を受け付けております。

下記の「ふるさとチョイス(妙成寺クラウドファンディングページ)」よりお申込みください。

 

(インターネット以外のお申し込みについて)

ご希望される方には、お申し込み用紙を送付しております。

下記まで『羽咋市ふるさと納税申込用紙希望』とご連絡ください。

ご連絡の際には、下記の項目を必ずご連絡ください。

(1) 郵便番号・住所

(2) お名前

(3) 電話番号

(決済方法) 郵便振替または市役所窓口での現金払い

<問い合わせ先>

【羽咋市ふるさと納税お問い合わせセンター】

(運営事業者:羽咋まちづくり株式会社(はくい地域産業センター内))

電話:0767-23-4001(平日 9時~16時)

E-mail:hakui-furusatotax@noto-chirihama.com

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課

〒925-8501
石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話:0767-22-1118 ファクス:0767-22-7195

メールでのお問合わせはこちら