寺家遺跡国史跡指定10周年企画展『史跡 寺家遺跡を知り、守り、伝える。』

更新日:2021年10月01日

(イメージ)寺家遺跡国史跡指定10周年企画展『史跡 寺家遺跡を知り、守り、伝える。』

開催場所・会場
羽咋市歴史民俗資料館
開催日・期間
令和3年10月5日(火曜日)~令和3年12月5日(日曜日)
イベントの種類分野
イベント / 観光・祭り , 歴史・文化・芸術
イベントの詳細
内容

開催期間:令和3年10月5日(火曜日)~令和3年12月5日(日曜日)
               会期中無休
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:無料

 

寺家遺跡は奈良・平安時代の気多大社の祭祀(神まつり)を支えた人々の様子がわかる遺跡です。この遺跡を調べることで、古代の羽咋の「祈りの歴史」が明らかになっていきます。古代の神社のようすがわかる遺跡は全国的にも貴重であり、その重要性から平成23年度(平成24年1月24日)に国の史跡に指定されました。今年度でちょうど10年を迎えますが、この間、羽咋市では「保存管理計画」と「整備基本計画」を策定して、遺跡の価値を明確にし、これを「守る」ための保存管理の方法と「伝える」ための整備・活用の基本方針を定めてきました。
今回の企画展では、現在進行中の「整備のための発掘調査事業」の最新情報を紹介し、寺家遺跡の将来の史跡整備を展望します。ぜひ、史跡公園整備へのみなさんのご意見をお聞かせ下さい。

関連画像
寺家遺跡史跡指定10周年記念展チラシ
問い合わせ先

羽咋市歴史民俗資料館

〒925-0027
石川県羽咋市鶴多町鶴多田38番地1 
電話:0767-22-5998 ファクス:0767-22-4468

メールでのお問合わせはこちら

この記事に関するお問い合わせ先

羽咋市歴史民俗資料館

〒925-0027
石川県羽咋市鶴多町鶴多田38番地1 
電話:0767-22-5998 ファクス:0767-22-4468

メールでのお問合わせはこちら